2020年01月25日

タイトリストVG3 ドライバー(中古) 〜20年ぶりに買い替えました〜

20年ぶりくらいではないだろうか。
ドライバーを買い替えるのは。

最近まで10年ほどラウンドもしていなかったので、すっかり取り残された感がありますが・・・。
最近になり再びコースを周る機会もでき、そこで飛距離で置いて行かれたりすると、どうしても道具のせいにするのはよくあること。
ちなみに今まで使っていたのは、マクレガーマックテックの初代モデル(2001年〜)。

なので色々探しました。
中古で十分だし、今なら何を買っても僕にとっては最新モデルと理解し、予算は1万円までとしました。
それでも巷にはたくさんの最新(?)ドライバーが売っている。

結局選んだのは、タイトリストVG3(2012年)。
これは簡単さを追求した日本専用のモデルです。
価格は5000円!(ヘッドカバーはなし)
安い!!
これなら気軽だし、気分転換にはなるでしょう。

タイトリストVG3


[ ヘッド ]
ヘッド体積:460cc 
ロフト角:10.5度 

[ シャフト ]
VG50
長さ:46インチ
フレックス:SR
シャフト重さ:54g
スイングウェイト:D1
シャフトトルク:4.3度
キックポイント:先中調子

このスペックを見てもお分かりのとおり、易しそうでしょ。

タイトリストVG3

安心感のある丸いヘッド形状。


タイトリストVG3

フェースはやや厚みがあるように感じます。


タイトリストVG3

シャフトはVG50。


使ってみると・・・。
玉の捕まりは非常に良い。
元々僕はスライサーではないので、慣れないうちは結構フックが強くなりがちでした。
バランス的にも振り易い。
SRのフレックスも正解。
Sのシャフトで試打すると、ショップの店員さんにはシャフトがしなっていないとか言われていたし、重いクラブも多かった。
これはそんなに重くもなく、振られているのではなく自分で振っている感じでGood。
打感は柔らかめ。
パンッとすぐに弾く感じではなく、フェースで捕まえている感じ。
音はすごく良い訳ではありませんが、嫌な音でも特に高音でも大きな音でもなく、ごく普通かな。
全体的に好印象です。

そんなに力まなくても、ボールが伸びて行く。
力むとフックが強く出るので、この辺りは慣れが必要です。

飛距離がすごく伸びると言う事はありませんが、今時のはとにかく易しい。
フェースの真ん中を少々外しても、真っ直ぐ飛ぶし飛距離も出る。
ティーショットでのドライバーが安定してくれば、セカンドショットのプレッシャーも減るので、スコアも良くなるはず(!?)

タイトリストVG3 マックテック

左が今まで使っていたマックテック。
320ccなので比較すればやっぱり小さい。

当時の新品価格で7万円くらいしていたものが、1万円を切って買えるので、これからゴルフを始める方でも気軽に選べるのではないでしょうか。
いい時代だ。
みんなもっとゴルフをすればいいのに⛳





posted by 風雅 at 17:55 | Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。